Blog

忙しさやダイエットなどの要因で食生活がおろそかになってしまうと自分達の身体に必要であるたんぱく質が不足してしまい、それによていくつかの症状が発生してしまいます。

ダイエット中、食事は常に低カロリーを意識していたり、忙しいので食事を簡単に済ましてしまったりしてしまいますと食生活の偏りから起きるタンパク質不足が原因となってしまうことが有ります。

タンパク質は筋肉や臓器、遺伝子まで含め体内で多くの役割を担っていますので、急激な食事制限は危険ということになります。
臓器、筋肉、皮膚、骨や歯、毛髪や爪などの材料となっていますので、タンパク質がへってしまうということはそれらの生成を阻害してしまいますので、注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。